忍者ブログ
[PR] ()
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
マグロはご期待できなかった (未選択)
正月SP、つまんなかったです。
亀山ひとりがいなくなるだけで、ここまでつまらない番組になるものなんですね。正直、予告見た限りでは田畑さんの女相棒が面白そうだったし、落胆の中にも期待はしていたんです。それが…konozama…
右京さんだけいれば「相棒」は成り立つと思ってたスタッフはバ●なんじゃないかしら。予想以上のつまらなさに驚きました。

でも、亀山降板だけが理由ではない気がします。
淡々と続く右京の謎解き。緩急がないから2時間半ずっと息苦しかった。
姉川が亀山のセリフを言っているだけ。女相棒としての魅力もなければ面白さも全くなかった。亀山を降板させてまで新相棒を立てた一発目がコレなら、降板させた意味がない。田畑さんが気の毒だった。

30年前の恨みを晴らす。公害被害。
アゲハ蝶と砂上の楼閣で公害ネタをやったばかりなのに、まるっきり焼き直しのネタ。勘弁して欲しい。
しかも30年前の恨みを晴らすって、今シーズンのカナリアでやったばかりじゃない!
ネタが尽きたにしても、カナリアと同じ脚本家が全く同じネタでSPやること自体が手抜きとしか思えない。
トリックには四苦八苦したんだろうけど、落としどころが前作と同じでは、脚本家として失格だと思う。
しかし同じオチの脚本でGOサインを出した松本Pが一番の戦犯だ。
新入りの脚本家に荷が重い元日SPを抜擢したのは松本Pなのだろうから。

マグロの接待ドラマに成り下がっていたのもがっかり。
犯人やマグロに右京が意見することも全くなかったし。
右京はただ単に、事件を解決しただけ。
お陰で右京が行ったこと、言ったセリフで心に響くものは全くなかった。主役なのにね。
唯一、印象深かったのは犯人の「あなたのせいじゃないのは自分だってわかってる」と慟哭する場面だけ。でも犯人は全く救われない話ってなんだかなー。
犯人と心でガチ対峙するのが「相棒」の見所だったのに。ああ、カシオペアは良かったな。

なにもかも、私の好きだった「相棒」ではなくなってしまった。
相棒のいない「相棒」。
亀山の去った「相棒」は、「杉下警部の華麗なる事件簿」だった。「相棒」という看板は降ろすべきだと思いました。タイトルに偽りアリだもんね。
番組名を変えて「杉下警部の事件簿」だったら、全く新しいドラマと割り切って楽しめるかも。今までの長年の愛着を棄てて、別モノとして視聴する諦めがつくから。
PR
by aminoComments(2)
Comments
はじめまして・・・
by Chie 2009.01.05 Mon 00:50 EDIT
 RES
aminoさんはじめまして、いつも拝見させていただいております。書き込みは初めてです。私「相棒ワールドへようこそ」というブログの管理人の、Chieと申します。今回の元日SP・・・薫ちゃんの穴は相当大きいものがありますね。あと、団長との共演の件、スポーツ紙の誇大宣伝すぎ・・・。思ったよりか活躍がなかった団長・・・。今回のストーリー「沈黙のカナリア」と同じですし・・・。見どころは最後の30分?かなと思います。「相棒」という、ワールドに引き込まれてあっという間に時間がたつ、え、あの人が犯人?っていう意外性が好きだったのに・・・。ホント「杉下警部の華麗なる事件簿」には同意です。もう一度誰かが軌道修正してくれないでしょうかね?しさしぶりに「ゴンゾウ」で腕をあげた古沢良太氏の脚本見てみたいです。


Re:はじめまして・・・
from amino 2009.01.06 Tue 23:32
コメントありがとうございます。正月SP、亀山の穴も大きいけれどそれ以前の不出来だったと思いました。脚本にしろ、マグロ接待にしろ。
亀山をリストラした今、軌道修正は難しそうですね。あさっての方向にもう走り出しちゃってますし。
古沢さんは姪やひざまずけ!のゴッドで萎えたので個人的には勘弁御免です。ゴンゾウ特集の「ドラマ」誌での「名探偵として右京を描いている」発言で、この人には相棒書いて欲しくないと思いました。古畑みたいなのを自分で立ち上げれば面白いとは思いますが。

相棒じゃない
by kon 2009.01.06 Tue 01:56 EDIT
 RES
お邪魔いたします。正月SPについての感想、相棒が好き故にお気持ち非常にわかりました。言いたいことはaminoさんが大体書いて下さいました(むしろ足りないくらいですが)
ヒドイ作品に成り下がってしまいましたね。劇場版のヒットで勘違いしちゃってるんじゃないでしょうか。昔からのファンなんて蔑ろですし、プロデューサーが金の亡者か権力追及に走ってしまった感じです。ゲストも無駄に豪華で生かせていませんでした。ずっと相棒を楽しく見てきただけに、本当に心底がっかりしました。右京さんや、演じる水谷さん、他の沢山の役者さんが悪いのではなく、世間の盛り上がりに乗ってどんどん低レベル化させてしまったPやらは本当に戦犯だと思います。いくら優秀な脚本家を持ってきても、もう相棒は復活出来ないように感じました。誰と誰が相棒なんだよと。皆現実逃避で脚本が良ければ相棒になると思いたいんでしょうね…。切ない…。
Re:相棒じゃない
from amino 2009.01.06 Tue 23:35
コメントありがとうございます。ファンの我々が「こんなの相棒じゃない」と思っても、公式から配信されるものが「相棒」だという事実に凹まされますね。
今後も見る(というか見届ける)とは思いますが、今までのように水曜日が楽しみにはならないだろうし録画を見直すこともないだろうし、DVDも買わないだろうと思います。
映画もヒットして、新シーズンがOA中なのに、なんとも淋しい限りです。
亀山リストラは映画の前に決まっていたようですから、映画のヒットは関係ないと思いますよ。松本Pが勘違いしちゃってることは確かだと思いますが。

Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Pass
Comment

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/14 相棒好きだったのに]
[06/13 ghost]
[06/12 MRI]
[06/06 MRI]
[06/04 ghost]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
<愛鳥週間>
OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH