忍者ブログ
[PR] ()
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
亀山の勘 (未選択)
かねてから思っていたんだけれど、公に出ている記事等で松本Pが「亀山降板はシーズン4辺りから考えていた」と言っている。
確かにシーズン4から番組の方針が変わったと思う。テレ朝シナリオ大賞の古沢氏が参入したりとか。ドラマ作りの製作方針・意向が、東映Pからテレ朝Pに実質バトンタッチしたというか。(銀座NOWも一切更新がなくなったし)
松本Pが亀山降板を考え出したシーズン4から、亀山の神がかり的な勘がなりを潜めてしまったのも、「亀山の勘禁止令」が出たのか?と思ったほど。
たまに右京にヒントを与える亀山の神がかり的な第六感が、描かれなくなったのは本当に残念だった。お陰で、たまきがヒント出題者みたいになってた頃もある。

右京が太刀打ちできない亀山の「勘」を封じられたことで、シーズン4以降の亀山の影が薄くなった印象もある。

なので、「月刊ドラマ」掲載の輿水脚本「レベル4」でセリフが変更されていた部分――鑑識との会話「杉下さんの判断が間違ってないとどうして言い切れます?」の問いに、亀山が「勘……かな?」と答えるセリフを読んだとき。ああ、やっぱり亀山の「勘」は最強だと思いました。
映像では「何年相棒やってると思ってるんですか」の方が解りやすくてカッコいいからいいですけどね。
輿水の脚本段階では、亀山の神がかり的な「勘」は、ちゃんと生きていたのだなぁと嬉しかった。
PR
by aminoComments(0)
Comments
Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Pass
Comment

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[06/14 相棒好きだったのに]
[06/13 ghost]
[06/12 MRI]
[06/06 MRI]
[06/04 ghost]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
<愛鳥週間>
OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH